Q:介護認定(申請)に関する相談

もうすぐ認定調査があるのですが、調査により介護度が上ったにも係らず、区分変更して介護度を下げる変更を申請した人もいたとケアマネから聞いたことがあります。確かその理由は費用面だったそうです。そう聞いた時は意外に思いましたが、しかしそういう理由もあり得ると思いました。こういう例はたまにあるのでしょうか。それとも、結構あるのでしょうか。また制度的には可能なのでしょうか・

A:ケアマネジャーからの回答

  • ケアマネジャー1
    私の知る所では、区分変更は出したのを聞いたことはありません。制度的には可能です。
  • ケアマネジャー2
    あります。
    適度にあります。
    制度的には可能です。
  • ケアマネジャー3
    通所系・ショトステイのサービス利用の方は、介護度が上がれば、両料金も高くなるので、区変をかけて下げたりした方もいます
  • ケアマネジャー4
    制度としては可能です。ただ、下げるための区分変更は、あまり多くはありません。

    ただし、区分変更と言うのは、結果が出てみないと、上がるとも下がるとも言えません。

    ご注意ください。
  • ケアマネジャー5
    制度的には可能・・・です。

    そもそも、要介護認定と言うのは悪くなった時だけ区分変更するものではなく、元気になっても区分変更をするべきなのです。
    「認定期間内で状態が変化(良くなる・悪くなる)したのなら、その都度区分変更をしなさい」と言うシステムなので「費用面の問題で介護度を下げる」と言う考え方自体間違っています。

    質問にある、頻度の点ですが「そんなにないが、まったく無いわけでもない」と言った感じです。
  • ケアマネジャー6
    制度的に可能です。介護度により、基本の料金が決まっていますから、なるべく費用は低い方が良いと思いますので、CMから提案をして本人、家族と申請を検討することもあります。
  • ケアマネジャー7
    居宅のケアマネジャーです。

    体調悪化のための入院によるADLの低下によって、認定を受けた人の場合、介護度は現在の状況にあわせて結果が出ます。リハビリ等を利用して状態が改善し、また継続してリハビリを受けたいと思うときは、費用面について区分変更を受ける場合もあります。制度的に問題はないと思います。
  • ケアマネジャー8
    要介護度によって金額が違うサービス(介護度が上がると費用が高くなるサービス)はあります。代表的なものは「通所介護」と「短期入所」です。また訪問介護とか訪問看護などは、要介護度と関係なく、時間が増えると費用が上がります。但し要介護度は、客観的にその方の今の状態を計る尺度なので、サービスの費用を考えて、要介護度を上げたり下げたりするのは本来はおかしいことです。しかし、費用面を考えて要介護度を調整(私たちケアマネはいじるという言葉を使いますが)することは、多くはないですが、あります。それが現実です。制度的にどうかというと、いじったから違反とはならないでしょうが、やはり好ましくない。あまり行うと、「要介護度を出す意味がなくなり、要介護度の信頼もなくなります」。
  • ケアマネジャー9
    あり得るし、問題ないと思います
  • ケアマネジャー10
    あまり良い方法とは言えませんが経済面を加味して行う方はいるようです。
    逆のパターンもありますが認定調査員の匙加減なのが実情ですね。
  • ケアマネジャー11
    私は昨年だけでも2名の方に行いました。費用負担もそうですが、適切な運用という面でも、そうするべきだと思っています。とくに入院中での申請をされた方は、在宅復帰するところで回復している状況が多いので。
  • ケアマネジャー12
    制度的には可能だと思いますが、状態の変化の時に区分変更しサービス量を増やす時に行っています。
  • ケアマネジャー13
    介護保険の通所系サービスは介護度が高くなるほど基本単価が高くなります。
    そのため、通所系の利用が中心の方は介護度が低い方が負担額が少なくなります。
    介護認定を入院中に受けたり、今よりも状態が悪い時に認定を受けた場合には適正な介護度に見直すことはあり得ます。
    但し、必ず介護度が下がるとは断言できないので何とも言えないところもありますが。
  • ケアマネジャー14
    料金の面というより、病気等の状態の改善があり、変更申請を行って要介護から要支援に変更になった方はおります。

    このような例がよくいるのかとの質問がありましたが、当方の経験では100件に1~3件程度かと思います。
  • ケアマネジャー15
    こんにちは。

    状態が悪くて認定を重くしてサービスを使っていたところ、リハビリにて機能向上し、サービスを減らすことができたので、再度区分変更して状態に合う認定結果を出すことがありました。値段もお安くなりますが、「体の状態に見合った認定」を出すことも必要かと思います。
  • ケアマネジャー16
    本人の状態が良くなった場合は「あり」です。何も重い判定を求めるだけが区分変更ではないので。
  • ケアマネジャー17
    居宅介護支援事業所でケアマネジャーをしています。
    支援の方の担当も委託を受けてさせていただいています。
    お問い合わせの内容の対応は何名かは経験があります。
    まず、要支援の方で介護が出てしまったために今まで利用していたデイの利用ができなくなるということで、区分変更をかけています。
    また、入院中に申請をしたため介護4が出ていたのですが、リハビリ病院に入院し自立歩行が可能なレベルだったので退院後1か月程度様子を見てから区分変更をしたケースもありました。
    やはり理由はデイサービス1回あたりの利用料の問題だったと思います。

    要支援だった方が要介護が出てしまいというケースのほうが理由としても多いと思います。
    制度的にはご本人が思っている介護度ではないからもう一度調査をして欲しいとか、認定結果が出た後で状態が変わったとか、理由があれば市町村は受け付けてくださいます。

    あまり参考にならないかもしれませんが、個人的にも他の方のご意見には興味があります…。
    適正なサービスが受けられるれ介護認定がでれば問題ないとは考えています。
  • ケアマネジャー18
    多くはないですが、やはりありますね。費用等も含めて又ADLが向上した時もあります
  • ケアマネジャー19
    認定調査によって、介護度が変わることはよくあるかと思います。
    現在のサービス内容が、現在の介護度で十分賄えるまたは介護度が上がってもサービス内容には変化がない場合などは介護度が上がっても
    意味がないのではと思われますので、介護度を下げる(介護保険を使う必要がない)に変更する方もいるかと思いますが、少数ではないでしょうか?
  • ケアマネジャー20
    現在の身体状況(介護をどれだけ必要としているか)と介護度が合致していない場合は、上げる、下げる問わず、制度上区分変更申請はできます。しかし通所系サービスや泊り等のサービスを使っていなければ、介護度で料金に違いはないので区分変更申請をしない場合もあります。費用も発生しますので。
  • ケアマネジャー21
     両方あります。しかし、すぐに変更をかけても、同じ結果であったり、却下されることも多いです。もう少し、様子をみてから変更しましょう。要介護5でも、サービスを利用しなければ、一部負担はないですよね。また、在宅へ行くサービスは料金は時間やサービス内容で料金がきまり、在宅から外に出るサービスは介護度によって、料金が上がります。あくまで一般論ですが、このことも理解して、区変なども考えてみましょう。
  • ケアマネジャー22
    適切な介護度を出すという意味では珍しい話ではないと思います。もちろん通所やショート利用等の料金にも影響が出るので介護度がこんなに重くないと思っている方にとっては下げるために行うのは当然だと思いますし、制度的にはむしろ国は介護度は下がってほしいですし介護保険はいずれは介護保険卒業をゴールとしているので問題ないと思います。
  • ケアマネジャー23
    正直あると思います。費用によって使えるサービス、回数等も変わってきますからね。
    区分変更という制度で可能ではないのでしょうか。
    (基本的には不服等だとは思いますが・・・)
  • ケアマネジャー24
    特定施設でケアマネしてますが、要介護1と認定されたら、「やはり、介護保険は利用しない」と言い出した入居者がいました。「認定審査会で決まったことなので仕方ない」と説明したのですが、施設は1日の介護サービス料が介護度によって決まってしまうので、「区分変更申請して支援1になったら介護保険を利用する」という我儘な方がいました。自分で市町村に電話して、再度、区分変更申請の認定調査に入ってもらい、願い通り支援1となり、「市役所も軽くなる方がいいからね」と言ってました。施設側としては、認知症も多少あり、服薬管理も必要、我儘による振り回される方でもあるので、介護1は丁度いいとと思ってましたが、「認定審査会ってそんなに簡単に覆ってしまうんだ・・・」って感じました。費用面での区分変更申請は有料老人ホームなどの施設系サービスにはよくあります。
  • ケアマネジャー25
    認定調査は中立公正に行われるため下がる上がるには関係ありません、調査費は1件4千円以上かかり医師の意見書は7千円以上かかりますそこに審査会の費用が掛かります、安易に下げる上げるではなくできないところを補うに必要な量を判定しているのです、間違えないように。
  • ケアマネジャー26
    介護の費用の面からみると、介護度を下げる区分変更もあります。
    訪問介護(ヘルパー利用)は要介護度に応じて介護報酬は変化ありませんが、通所(デイサービス、通所リハビリ)等は、介護度が上がれば介護報酬も高くなります。

    私どもの事業所でも先日、介護度を下げる区分変更をいたしました。
    その結果、通所(デイサービス)の利用回数をご家族の希望により、増やすことができました。
    ケース的には、それほどあるケースではありません。
    反対に介護度を上げる区分変更をすることが多くあります。

  • ケアマネジャー27
    区分変更は利用者や家族が希望されれば行いますね。ケアマネから勧めることはないですが・・・
    「区分変更」という方法もありますよ・・・程度ですよ

    介護保険は、利用者と家族の希望で利用できます。
    ケアマネはあくまでも提案、情報提供と相談です。
    上から目線はもってのほかですね
  • ケアマネジャー28
    その時々の状態に合わせた介護認定でサービスを受けることが理想的です。
    認定期間中に身体機能が低下し認定介護度の給付上限ではサービス利用が不足
    する場合、又は認定期間中に状態が改善された場合、どちらも制度的に問題なく
    区分の見直しが可能です。
一覧へ戻る