高齢化がまねく介護離職のリスク~企業ができる対策とは~

日本の高齢化は進み、2025年には約5人に1人が75歳以上の後期高齢者となり、 介護が必要な人が急増すると予想されています。

今回は日本の高齢化・介護離職の現状をデータでまとめてみました。
また、今後企業がとるべき対策に関してもご紹介しています。
資料の解説ポイント
● 「団塊の世代」の高齢化にともなう介護問題について詳しく解説
● 「はたらき盛り世代」の仕事と介護の現状についてデータでご紹介
● 今後の介護離職防止に向け、企業ができる対策方法とは?
● 制度を整えるだけでは不十分?押さえておくべきポイントとは?
【 こんな方むけの資料です 】

■ 介護による離職者が増加し、今後の人財不足が不安…という方
■ 介護離職問題への対策を社内で検討中の方
■ まずは、介護離職の現状に関して詳しく知りたいという方など…

データから読み取れる介護の現状を理解し、今後の「介護離職」問題への対策にお役立てください。

資料ダウンロードをご希望の方は、下記のお申込みフォームよりお申込みください。

※同業他社のお申込みはお断りしております。

一覧へ戻る